Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間に2年も過ぎて

最後の記事からほぼ2年・・・
確かに昨年は引っ越しもあって大忙しだったけど
ブログを放置しなけりゃならないほどじゃなかったんじゃない?((ノェ`*)っ))




2年前っていうと、思い出すのが
トイレに閉じ込められた事件!

よく話にゃ聞くけど
実際に自分の身に起こるとは夢にも思わなかった。


2013年4月5日金曜日の午後
主人はちょっと遅いお昼寝の真っ最中

家事も一段落して、トイレに入った私。
レバーから手を離したけど、妙に重い感じがした・・・

(。-`ω´-)ンー なんか嫌な感じ・・・
とは思いつつ、用を足そうとドアに背を向けたとたん

カチャッ!

|*・ω・*)ン? 今、鍵かけなかったぞ
何の音だ?

とりあえずレバーをまわしてみた。(回したという表現が正しいのか?)
が、びくともしない。
とりあえずこれも持ち上げるタイプの鍵を動かしてみた。
が、こちらは問題なさそう。鍵がかかったわけではなかった。
どうやってもドアが開かないことを、しっかりと確認しただけで・・・

さてどうしよう。
まずは用を足すか(*>ω<*)
と、座りながら考えた。

主人が寝てるのは奥の部屋。2枚のドアのそのまた向こう。
そろそろ起きるだろうか・・・いや、どうだろう
スッキリしたところで、とりあえずドアを叩いてみることにした。

ドン!ドン!ドン!ドン!
最初は拳で何度か叩いてみたけれど、反応なし。
そのうちに手が赤くなってきて、痛いったらありゃしない。
こうなりゃドアなんか穴が開こうが壊れようがどうでもいい!と
体当たりしてみた。
しかし、ドアはびくともしないのよ。
チャッチいドアなのに、こういうときにはしっかりとドアの役目を果たすのね。

もし主人が二階に寝てたとしたら確実に二階のトイレを使うだろうし、
二階までは叩く音がきこえないだろうから・・・そうなりゃ最悪きわまりないんだけど
今日は一階で昼寝してくれてたことだけが救いで、
少しでも早く目を覚ましてくれることをとにかく願って叩き続けた私なのです(*ノωノ)

どのくらい経ったか・・・半分は諦めムードで
いざとなったら、トイレの窓を開けて誰かに助けを求める・・・
チャイムを何度か鳴らしてくれるだけでいい・・・もうこれしかないのかも(。ノ_・。)
でも、トイレから叫ぶ図を考えるとちと恥ずかしい・・・
私にだって、まだ恥ずかしいという気持ちは残ってるのよ。

一軒家の良いところは、トイレにも窓があること。
これがマンションなら・・・絶望的だけど(。pω-。)
いろいろなことを考えているうちに、段々寒くなってきた。
4月とはいえ、北海道の、それもトイレ・・・寒いに決まってるし・・・
着るものがほし~~い


最初の元気も段々薄れてきた頃に
夫 「おかーしゃ~~ん」
私 「おっ!やっと気が付いたみたいだ(。ノ_・。)」

夫 「おかーしゃん、トイレなの?」
私 「出られないんだよ~どうしよう」
私 「父に電話して来てもらえるかどうか聞いて!」
夫 「了解」

ということで、父にきてもらい、ドアノブを外してもらって無事生還。
原因はドアノブの中の、なんて言う部分なのかわからないけど
プレート状のものが折れてしまった。金属もこんな風に劣化するのね。

それからはトイレのドアを直したにも関わらず、安心して閉められなくなった(^▽^;)
引っ越してからはトイレに窓もないので、ドアの開け閉めには用心を怠らず。
もし独り暮らしだったら・・・と思うと背筋がゾッとするわ。

携帯電話は常に持ち歩いていよう!とか、子機をトイレにも置いておこう!とか
いろいろ考えたけど・・・今の家は前の家よりかなりコンパクトになったので
ドアを叩くまでもなく、叫べば聞こえるだろうから・・・いっかー!って思ったけど
鉄筋だから外までは聞こえない。
昔のように、お隣さんと立ち話・・なんていうこともほとんどなくなって
また同じようなことが起こったら・・・って思うと恐ろしい。

トイレにも連絡手段は、備えておくべきだ!という結論に達したのでした(*´-ω・)
でもって、子機完備です!

何事もないのが一番だけどネッ(*≧∀≦)b





ブログが見られなくて(´;ω;`)

もうかなり長いことご無沙汰していたブログ( ̄▽ ̄;)

ちょっと見てみよう!と思ってクリックしたけど・・・見られない(´;ω;`)

なんでだよ~!と、何度も試みたけど画面がすぐ切り替わる



新規の記事を書いてみるが・・・無駄だった。




こりゃ~もうお手上げ!
最後の手段、FC2のサポートにメールした。


カスタマイズしたプラグイン・・・これが悪さしてたんだなぁ・・・

あぁ~もういい加減訳のわかんないものを
いつまでも確認しないまま載っけてるからなんだわ(/ω\*)


定期的に更新しなかった報いだ(≧∇≦)



*CommentList

リフレ~~~~~ッシュ!

この2週間何もする気が起こらず、毎日ダラダラ・・・
これじゃダメだ!と、気持ちをリフレ~~ッシュするために
髪を切ってきました。


昨年、ふと思い立って自分でカットしてみた。
予定はショートボブ調(のはずだった)
見た目はそうなんだけど仕上がりがねぇ~(そりゃそうだ!)
当然の如く満足度はイマイチ( ̄~ ̄;)...イマニ、イマサン
後ろは見えないわ、段々腕はだるくなるわ
だからといって途中で止められないわ・・・
髪の毛だらけになったバスルームはまるで恐怖映画のワンシーン。

それからも何度かやってみたけど結果はいつも同じ。
思いつきでできるもんじゃないよね・・・自分のカットって


その失敗を繰り返さない為にも今回は美容室へ...行くゾ( ̄0 ̄)/
と数日前から気合い注入(-"-;A
実は美容室まで行くのがメンドイんですよね~σ(≧∀≦)
この地域は美容室が山ほどあって、実は我が家の真裏も美容室。
美容室が並んでいるなんていうのも1ヶ所や2ヶ所じゃないんです。
(他の地域じゃなかなかない光景)
そんな超便利なところに住んでいるのに面倒臭い!

長い時間座ってるのが嫌なんだろうか?...っていう気もするし
ただただ不精者なんだろうな?と、その一言に尽きる気もする。

しかし今、「美容室へ行くぞ!リフレッシュするぞ!」と言ったばかりで
「面倒だ!」という何とも情けない性格は打破しなければならない!

今行くぞ!すぐ行くぞ!o(- ̄*o))))......((((o* ̄-)o

イク━━d(*`・(エ)・´*)b━━ゾー!! ヨシッ!!
(と、ココまで自分に言い聞かせねばならない訳で・・・)

行ってきました、美容室。
ここ7・8年通ってるお店で
娘の同級生の美容師さんにカットしてもらって
超サッパリ!

こんなに気持ちいいんだもの、もっと早くに行きゃよかった。

・・・と、野際陽子さん風(あくまでも)のヘアスタイルに超満足。



福沢諭吉さん+樋口一葉さんが財布から出ていって
リフレッシュ感に少し翳りが見えたけどねっ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


*CommentList

ちゃる逝く

ちゃる


今朝5時45分。

我が家の長男ちゃるが息をひきとりました。

17歳6ヶ月でした。


昨年までは、17歳とは思えないくらい元気でしたが
今年に入ってから急に『ジーサン』っぽくなってしまって・・・
それでも食欲はあるし、獣医さんからも
「ちゃるちゃんは元気だね~!」って言われるくらいでした。

秋口から、歩行が困難になってしまって
おむつをしてあげたのですが、本人は
『自分でするんだ!』と言わんばかりに
おしっこもうんちも立ってしていました。

ここ2週間くらいは、立ってご飯がたべられなくなり
寝そべって食べるような状態でしたが
確かに2日程前からは食べ残すようになっていたと思います。

年だから・・と、覚悟はできていたつもりだけど

昨日は特に具合が悪そうでもなかったはず・・・
こんなに急に逝かなくても・・・
あまりにも急だよ・・・

共に過ごした17年という年月はあまりにも長くて
ペットという枠には収められないんですよね。
以前の家庭での、その時の様子も全て見てきたワンコです。
人生を一緒に生きてきたと言っても過言ではありません。
生後1ヶ月で我が家に来てからのことが思い出されます。


天国であいらと翔ちゃんに会ったら仲良くしてね。


安らかに・・・


17年6ヶ月、家族でいてくれてありがとう(/_;)



*CommentList

右腎腫瘍摘出手術

3月から始めた抗癌剤治療。
5kur目を終えて、改善がみられないのと副作用がキツイので
摘出手術ということに相成った。

9月9日に血管カテーテルの治療も済ませ準備はOK!
3週間自宅に戻り束の間の休息。

腹口境手術を考えていたけれど
主人の腎臓・・・どうも普通の人より血管が多いらしく
開腹手術に切り替えた。
痛みはあるけれど目視で確実に切除できると思って・・・

そして本日、手術。


予定時間通りに手術室から出てきた夫の顔は
非常に明るかった。
医師からの術後説明でその理由がよくわかった。

懸念されていた、一番の問題点だったのが透析の可能性。
出血が非常に少なかったことで一時的にしろ透析をまぬがれたこと。
片腎しかないので出血次第では避けられない問題だったから。

とにかくこの問題がクリアされただけでも本当に有り難かった。


最初の予定では複数の血管(普通の人は1本)を全て止血するとのことだったが
止血したのは1本だったという。
それなのに出血は70ccにとどまったという。
奇跡だ!神の手だ!まさにゴッドハンドだ~❤

担当医師の凄腕に、ただただ感激、そして感謝。
なかなか興奮が覚めない一日だった。


ご案内

My Poupée


ARTICLE

COMMENT

ARCHIVE

Automatic translation

PROFILE

macaroon

Author:macaroon
人生の折り返し地点を過ぎてもなお未だお気楽且つぐうたら主婦のまま。
気持ちは今でも20代、貧乏暇有り、根性無しの怠け者。幾つになったら大人になれるかしら( *´艸`)

右サイドメニュー

Bonjour

こんにちはマコロンです。
・:*:・(o´∀`o)・:*:・
マイペース型更新ブログですが
どうぞ宜しくお願いいたします。


Thank you for the visit


Observer

Blog Manager

booklog

ことばの贈り物

ことばの応援歌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。